線路上のアリ

アリとは昆虫の蟻(あり)のことで、英語ではアント(英:ant)と呼びます。今回はその線路上のアリの話です。バッハの名曲「G線上のアリア」の話ではありません(笑)。 ここは神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥駅構内です。 ISO規格の20ft(24t) タンクコンテナを2個ずつ積載したJR貨物コキ200形貨車が、,ど~んと3両置かれていま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

三国峠を超えて(その2)

目の前に高くそびえる尾根が現れて、その尾根がだんだん近づいて、その尾根をかわして向こう側に出ると、また新たな尾根が現れる、を数十回も繰り返したでしょうか、途中キャンプ場のあった「王冠」という所だったと思いますが、ここで水が汲めたので助かりました。あと少しです。頑張りましょう。 中津川林道の途中にあった素掘りのトンネル …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

三国峠を越えて(その1)

昔のことですが、長野県南佐久郡川上村大字梓山と埼玉県秩父市中津川を分ける三国峠(みくにとうげ)を徒歩で抜けた話を書きます。 もういつの事か忘れましたが、ある日、毎日の通勤に使ってる西武線の一番遠い終点まで行ってみよう、と思い立ちました。もちろん一番遠い終点とは西武秩父駅なんですが、西武秩父駅から秩父鉄道三峰口駅を経て、バスで山梨県…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱根十国峠にて

さて、熱海駅から十国峠を経由して芦ノ湖畔の元箱根方面に向かう伊豆箱根バスに乗車します。 迂闊にも何時何分のバスに乗車したか、運賃はいくら払ったか、等の当時の記録を残していませんでしたが、ただこのバス路線は10時くらいから15時くらいまでしか動いてなかったような記憶があります。そんなわけで、あまり早く熱海駅に行っても仕方ないので、先…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

箱根周辺鉄道散歩

春なので、箱根の十国峠ケーブルカーに乗り鉄に行こうと思い立ちました。ただ、私のことですから、他の未乗路線の乗り潰しやら、気になる駅への途中下車とかして行きます。よってタイトルは箱根周辺の鉄道散歩です。 まずは毎度の18キップでJR東海道本線小田原駅へ。小田原駅で伊豆箱根鉄道大雄山線に乗り換え、いきなり終点の大雄山駅へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

剛体索道

一つ前の記事で、今から半世紀前、遊園地の遊具や遊園地へのアクセス鉄道として、新しい都市交通機関の技術を確立しようという試みがなされていた、という話を書きました。 その試みは近年でも行われていまして、愛知万博の開催に合わせて2005年(平成17年)3月6日に開業した、日本初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)の営業線であるリニモ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

上野動物園の「鉄道」

冬ならばすいてるだろう、ということで上野動物園に行きました。 片隅に身を寄せ合って、上から世間を眺め下ろすテナガザル ゴリラは虚空を見上げて何を思うか いや~、サルの類はやること人間臭くて、身につまされて見ていて辛いですね。他の動物を見てみましょう。 「orz」のポーズのツキノワグマ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

横浜散歩

横浜港に今もなお米軍基地があるのをご存じでしょうか? 横浜ランドマークタワーや赤レンガ倉庫のある横浜みなとみらい21地区の対岸(東側)にある瑞穂埠頭(みずほふとう)は、敗戦後に連合軍に接収され、1952年(昭和27年)のサンフランシスコ講和条約発効以降は日本からの提供敷地として在日米軍が「横浜ノース・ドック」として使用しています。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツブ貝をブツ撮り(笑)

ふと思いついて、あり合わせの物を使っていわゆる「ブツ撮り」をやってみました。 北海道の襟裳岬の食堂兼お土産屋さんで貰った貝殻です。 大きさが分かるように500円玉も添えてみました。貝殻の長さは約16cmです。 下に敷いた敷物は単なる模造紙です。これだけは新たに購入しました。近所の文具店で3枚200円くらいでした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

消化試合

五月のある日、その日は新宿へ出かける用事があったのですが、少し遠回りして近場なのに未乗車のまま残った路線を乗り潰そうと思い立ちました。消化試合みたいな乗り鉄の旅です(笑)。 具体的には西武多摩湖線の萩山(はぎやま)駅から西武遊園地駅までの区間と西武山口線、西武狭山線の全線でした。 萩山駅にて、「早く渡りなさ~い」の図 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

終点の向こうへ、バスの旅(その2)

話は終点の向こうへ、バスの旅(その1)の続き、ではありません。鉄道の終点からバスでその先を目指す点が似ているだけございます(笑)。 高千穂駅を出て、谷を下りながら道を尋ね尋ね、500mほども歩いたでしょうか。宮交バスこと宮崎交通(株)の高千穂BC(バスセンター)にたどり着きました。今度はタクシーは使いませんでした(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神話の里

さて、終点の高千穂駅まであと一駅の天岩戸駅で途中下車しました。目的は高千穂橋梁で「撮り鉄」することでした。 外から見た天岩戸駅 冬の風情も悪くないですが、夏にもう一度来てみたかったです。 「クゥ~ン」と鳴いて、かまって欲しそうな犬 天岩戸駅は秘境駅ではありません(笑)。 せっかくのポジフィルムですし…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

在りし日の高千穂鉄道

一つ前の記事では、四国から九州までフェリーでやって来て、まだ未乗だった日豊本線の大分県佐伯駅から宗太郎越を経て宮崎県延岡駅まで乗車したわけですが、車窓は真っ暗で何も見えませんでした。その日はこれまた事前予約もなく延岡駅前のホテルに宿泊。 翌日早朝のJR九州延岡駅 今日、乗車するのはこちら 暗くて見えにくいですが、ゲ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿毛観光汽船

話が一つ前の記事と若干前後しますが、フェリーは14時半、定刻通りに九州に向けて出港しました。 海から見た宿毛湾港片島岸壁 向って左側がフェリー発着場、向って右側、この写真の外に海保の巡視船「あらせ」がいます。 遠ざかる宿毛湾港 最初に宿毛湾に目をつけたのは、英国海軍とも米国海軍とも諸説ありますが、いずれに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめてのポジフィルム(笑)

と言っても、近場でテスト撮影した話ではなく、2001年(平成13年)の年末に北九州の実家へ帰省の折、まあ私のことですからまっすぐ新幹線や飛行機を使うはずもなく四国へ寄り道したのですが、そこへFUJIのTREBI 400とPROVIA 400Fの2本ばかりを持って行ったという話です。 その年の4月にNikon F100とNikon …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

貨物列車のスイッチバックと必須アミノ酸

前回の記事に続いて、今回もEF64重連の話です(笑)。 村井駅から乗車した快速「みずず」で長野駅に到着しました。 3525M、快速「みすず」 天竜峡6:23発 長野10:40着 国鉄115系電車湘南色、JR東海静岡車両区(静シス)S4編成。この写真手前から、クモハ115-1520+モハ114-1163+クハ115-614 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨大な入換機

入換機こと入換機関車(スイッチャー、Switcher)と言えば、 フツーはこんなのとか 今はなき有田鉄道金屋口駅にて、三菱重工三原製作所製DB107 上記1点 2002年12月撮影  Nikon F100 / Nikon Ai AF Zoom Nikkor 28~200mm F3.5~5.6D(IF) Kodak …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

はじめてのデジカメ(笑)

以前から入手したいと考えていたニコンのミラーレスカメラ、Nikon1 V1、ようやく購入しました。V2が昨年11月15日に発売されたおかげで価格もこなれてきて、1 NIKKOR 10mm f/2.8とセットの薄型レンズキット(ブラック)が「価格.com」での最安値付近で、なおかつ評価の高い業者の送料込みの提示価格が2万8000円。「価格…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

養老天命反転地

一つ前の記事から二年後、再び近鉄大垣駅にやってきました。目的はまだ未乗車の養老線南側の乗り潰しと、、岐阜県養老郡養老町にある養老公園内の「養老天命反転地」へ行くことでした。 近鉄大垣駅で「養老線休日フリーきっぷ」1000円を買います。この切符は養老鉄道となった現在でも発売されています。 近鉄大垣駅にて 近鉄620系電車…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more